夢占いのユメミーナは夢占い師ミーナが夢の意味を占うサイトです。

呪う夢や呪われる夢は邪悪な感情の表れ!呪いの夢占い4選!

呪う夢や呪われる夢は邪悪な感情の表れ!呪いの夢占い4選!

言葉からして恐ろしい気分になる呪い。
昔から言い伝えられている呪いも耳にします。
人の力では消せないような怖い現象を引き起こす事もあるようです。
自分でかけられる呪いもあるようですが、できれば関わり合いたくないものですよね。

このような呪いの夢を見た場合、夢占いでは、邪悪な感情を意味します。
日頃から誰かに対して強い嫌悪感や憤慨感を抱いている状態を表します。

また、呪いの夢は、誰かに願望や欲望を押し付けようとしている事も表します。
その相手に強い関心を抱いているからこそ、そのような感情が生まれてきているようです。
その為に、自分本位であり、身勝手な思考を持ってしまっている状態のようです。
呪いの夢は、そのような自分に対する警告も意味します。

誰かを呪う夢

誰かを呪う夢を見た場合、夢占いでは、誰かに強い感情を抱いている暗示です。
特定の人を呪う夢は、その人に対して憎悪感や憤慨感、嫌悪感などの強い感情を抱いている事を表します。
嫌がらせ行為など中傷を受けているようです。
誰にも相談できず、孤独感に苛まれ、一人で悩んでいませんか。
勇気を持ってその人と向かい合う努力をしてみましょう。

また、不特定多数の人を呪う夢の時は、社会に対する反感や不満感、不信感を抱いている暗示です。
被害妄想が強くなっているのかもしれません。
マイナス思考にならず、プラス思考を心がけましょう。

その他、誰かを呪う夢は、執着心や自分を正当化しようという気持ちが強い事も表します。
過去に起こった嫌な出来事を根に持っていたり、自分で招いた結果を後悔し、誰かに責任転嫁をしようとしているのかもしれません。
気持ちをリセットし、現実を受け入れる素直な心を取り戻しましょう。

誰かに呪われる夢

誰かに呪われる夢を見た場合、夢占いでは、大きな後悔の気持ちに苛まれている暗示です。
特定の人に呪われる夢は、その人に対して罪悪感を抱いている事を表します。
冷たい態度で接していたり、中傷的な行為を浴びせるなど、苦痛を与えてしまった事に対して後悔し、自分を責めているようです。
このような時は、相手にしっかりと自分の気持ちを伝え、過ちを清算しましょう。
お互いの関係が良い方向に向かいそうです。

また、優しい心の人が誰かに呪われる夢を見た時は、運気が上昇する暗示です。
人を傷つける事に臆病になっており、その気持ちが、無意識に誰かを傷つけるような振る舞いをしていないかという不安を招き、このような夢となって表れています。
しかし、自分の人に対する気遣いや優しさが運気上昇につながる事を意味する為、安心して今のままの優しい自分で振る舞って下さい。
良い環境に恵まれそうです。

呪いの現場を目撃する夢

呪いの現場を目撃する夢を見た場合、夢占いでは、大きな不安感を抱いている暗示です。
恐ろしい呪いの現場を目撃する夢は、自分自身が誰かに恨まれていると感じている事を表します。
後ろめたい気持ちになっていたり、罪悪感を覚える出来事が忘れられずにいるようです。

呪いの現場を隠れて目撃する夢の時は、自分の中にある強い憎悪感を隠している暗示です。
誰かに対して強い憎しみを抱いており、酷い目に合わせたいと密かに考えているようです。
表面上は普通に接していても、心の中で強い嫌悪感を抱いている人はいませんか。
常にその人が苦しんでいる姿を想像し、現実のストレスを解消しているのかもしれません。
今のままでは、根本的解決にはなりません。
正面から向き合う努力をしてみましょう。

また、呪いの現場を見ている夢は、原因不明のトラウマやわだかまりに長い間悩まされている状態も表し、その原因解明の糸口を見つけたいと思っているようです。
夢で強く印象に残る場面があった時は、その事が関係しているかもしれません。

人形に呪われる夢

人形に呪われる夢を見た場合、夢占いでは、自分を卑下している暗示です。
人形に呪われて苦しんでいる夢は、自分自身に嫌悪感を抱き、苦痛な状態に陥っている事を表します。
克服できないようなコンプレックスを抱えていませんか。
一人で悩まず、誰かに打ち明けてみましょう。
気持ちが楽になり、良い解決策も得られそうです。

また、人形に呪われる夢は、罪悪感や後悔の気持ちに押しつぶされそうになっている状態も表します。
過去の出来事であっても、自分を許す事ができずにいるようです。
その為、気持ちが沈んでおり、落ち着いた生活が送れていないかもしれません。
しかし、過去の自分の罪を認め、十分戒めています。
気持ちを切り替えて、前向きに前進していきましょう。

一緒に読みたい関連記事

初夢の意味や由来

PAGE TOP ↑